Guerrilla Store:CdGGS+65

コムデギャルソン ゲリラストア シンガポール

2004年、シンガポールにオープンした〈COMME des GARCONS Guerrilla Store +65〉。

その仕掛け人、テセウス・チャン(Theseus Chan)氏から、当時のバッジやステッカー、ショップカード、プライスタグ等が遠くシンガポールから送られてくる、というとても嬉しい出来事ありました。
氏は以前にも店舗マップのコムデギャルソンオンリー古着店〈ディエチCDG〉に来店していただいたことも。

CdGGS+65

2004年、シンガポールにオープンした「コム デ ギャルソン ゲリラストア+65」を仕掛けたのもテセウス・チャン&WORKだ。最初はチャイナタウン、そしてアラブストリートのモスク近くのハジレーンへ。
開店以降、ゲリラ的に移転するたびに「ゲリラストアがあった地区は流行る」という伝説を作った。




チャイナタウン、アラブストリートの次はリトルインディアか、という周囲の予想を裏切って、HDB(公共団地)に移転しました。普通のシンガポール人が日々の生活を営む場所です。つまり、ハイエンドな商品を売っているようなグラマーな商業区域を避けることによって、ゲリラストアの掟は守られたわけです。
テセウス・チャン

ASHU

その後、2016年のDM、2013 S/S COMME des GARCONS SHIRT〈Colorful〉期のアートワーク・・・などコムデギャルソンと Theseus Chan(WERK, WORK)のコラボレーションは続いていきます。

2019年には、印刷博物館P&Pギャラリーで〈Theseus Chan〈Colour Noise〉GRAPHIC TRIAL〉も。

Thanks to Mr. Theseus Chan !(Instagram: theseuschanwork
ありがとうございます!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です